So-net無料ブログ作成
検索選択
番組拝見 ブログトップ
前の10件 | -

NHK総合ドラマ10・『ブランケット・キャッツ』第7話 見どころ [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

NHK総合で6月23日から7回にわたって放送されるドラマ10『ブランケット・キャッツ』では、猫7匹が登場し話題を呼びそうです。

今、世の中は空前の猫ブームだそうです。
気まぐれな動物“猫”を相手に撮影する苦労は想像に難くないでしょう。

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになっていましたね。

【ブランケット・キャット」みどころ】
妻が残した猫たちの新しい飼い主を探す男の物語、いよいよ最終回。
猫を連れて逃げる女が死ぬ前にしたいこととは? 新しい人生の一歩を踏み出せるのか?

【第7話・さよならのブランケット・キャット 】
クロを預かったたえ子(富田靖子さん)がガンを患い、自殺を考えているかもしれないと悟った俊亮(西島秀俊さん)は、美咲(吉瀬美智子さん)とともにたえ子を探しに行く。その頃、たえ子は、離婚した母親に会いたいという小学生の兄妹の願いを叶えようと、必死で子どもたちの母親の家を探していた。
しかし、その最中にクロがいなくなってしまう。さらに、たえ子は、勤めていた会社の金を持ち去っていたことが発覚するのだが…。

公式サイト :http://www.nhk.or.jp/drama10/blanketcats/index.html


【今までのお話】
第1話 :「身代わりのブランケットキャット」
第2話 : 「我が家の夢のブランケット・キャット」
第3話 : 「二人ぽっちのブランケット・キャット」
第4話 : 「尻尾の曲がったブランケット・キャット」
第5話 :  「嫌われ者のブランケット・キャット」
第6話 :   「助手席のブランケット・キャット」
第7話 :  「さよならのブランケット・キャット」


【原作本】
ブランケット・キャッツ (2017.06.23).jpg馴染んだ毛布とともに、2泊3日だけ我が家に「ブランケット・キャット」がやって来る。リストラされた父親が家族のために借りたロシアンブルー、子どものできない夫婦が迎えた三毛、いじめに直面した息子が選んだマンクス、老人ホームに入るおばあちゃんのために探したアメリカンショートヘア――。「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った温もりと小さな光を描く7編。

※Amazon
ブランケット・キャッツ (朝日文庫)

※楽天市場
ブランケット・キャッツ (朝日文庫) [ 重松清 ]最後までお読みいただきありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

NHK総合ドラマ10・『ブランケット・キャッツ』第6話 見どころ [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

NHK総合で6月23日から7回にわたって放送されるドラマ10『ブランケット・キャッツ』では、猫7匹が登場し話題を呼びそうです。

今、世の中は空前の猫ブームだそうです。
気まぐれな動物“猫”を相手に撮影する苦労は想像に難くないでしょう。

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになるでしょう

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになるでしょう

【ブランケット・キャット」みどころ】
7匹の猫と7つの家族の物語。
妻が残した猫たちの新しい飼い主を探す主人公と、猫との出会いをきっかけに人生を一歩前に進める人びとの心温まるストーリー。.

【第6話・助手席のブランケット・キャット】
秀亮(西島秀俊さん)のお見合い相手のたえ子(富田靖子さん)は、2回結婚して子供がいないという。
たえ子は椎名家具を訪ねて来て猫を譲って欲しいと秀亮に頼み、「死ぬまでにしたい10のこと」が猫を飼うことだと告げる。秀亮は、たえ子のアパートを下見して猫を預ける。しかし、たえ子は猫を車に乗せドライブに出発する。たえ子は、ドライブインで母親に会いに行くという小学生の兄妹と出会い、彼らのために母親を探し始めるが…。
公式サイト :http://www.nhk.or.jp/drama10/blanketcats/index.html


【今までのお話】
第1話 :「身代わりのブランケットキャット」
第2話 : 「我が家の夢のブランケット・キャット」
第3話 : 「二人ぽっちのブランケット・キャット」
第4話 : 「尻尾の曲がったブランケット・キャット」
第5話 : 「嫌われ者のブランケット・キャット」
第6話 : 「助手席のブランケット・キャット」
第7話 :


【原作本】
ブランケット・キャッツ (2017.06.23).jpg馴染んだ毛布とともに、2泊3日だけ我が家に「ブランケット・キャット」がやって来る。リストラされた父親が家族のために借りたロシアンブルー、子どものできない夫婦が迎えた三毛、いじめに直面した息子が選んだマンクス、老人ホームに入るおばあちゃんのために探したアメリカンショートヘア――。「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った温もりと小さな光を描く7編。

※Amazon
ブランケット・キャッツ (朝日文庫)

楽天市場
ブランケット・キャッツ (朝日文庫) [ 重松清 ]


最後までお読みいただきありがとうございました。

米倉涼子さん主演『ドクターX』世界へ!・ 新シリーズ10月放送&200ヵ国配信決定 ! [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

昨年2年ぶりに放送された第4シリーズで、平均視聴率が21.5%と同年の民放連続ドラマダントツ1位を記録を出した米倉涼子さん主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が10月より第5シリーズとして登場することが決まったようです。
さらに世界200ヵ国で最新作を含む全シリーズが配信されることも明らかになりました。
↓↓↓
米倉涼子主演『ドクターX』世界へ! 新シリーズ10月放送&200ヵ国配信決定


毎回の見どころは、目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な手腕で数多くの命を救いながら、金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れるフリーランスの天才外科医・大門未知子の活躍を描く医療ドラマです。

10月木曜夜9時からの放送が楽しみです。
http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/#/?category=drama

最後までお読みいただきありがとうございました。





最後までお読みいただきありがとうございました。

NHK総合ドラマ10・『ブランケット・キャッツ』第5話 見どころ [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

NHK総合で6月23日から7回にわたって放送されるドラマ10『ブランケット・キャッツ』では、猫7匹が登場し話題を呼びそうです。

今、世の中は空前の猫ブームだそうです。
気まぐれな動物“猫”を相手に撮影する苦労は想像に難くないでしょう。

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになるでしょう

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになるでしょう

【ブランケット・キャット」みどころ】
7匹の猫と7つの家族の物語。
妻が残した猫たちの新しい飼い主を探す主人公と、猫との出会いをきっかけに人生を一歩前に進める人びとの心温まるストーリー。.

【第5話・嫌われ者のブランケット・キャット】
フリーターの卓也(太賀さん)のマンションに、恋人の悦子(松本穂香さん)が捨て猫を抱えて転がり込んでくる。
母親と喧嘩になり、卓也のマンションに逃げてきたのだ。しかし卓也のマンションは一人暮らし用で、ペットも禁止だった。マンションの大家の権田(伊武雅刀さん)は、月に一度秀亮から猫をあずかり、マンションにつれてくる。卓也は権田がルールに反して飼われているペットを見つけ出すためだと思うが、権田には秘密が…。
公式サイト :http://www.nhk.or.jp/drama10/blanketcats/index.html


【今までのお話】
第1話 :「身代わりのブランケットキャット」
第2話 : 「我が家の夢のブランケット・キャット」
第3話 : 「二人ぽっちのブランケット・キャット」
第4話 : 「尻尾の曲がったブランケット・キャット」
第5話 :  「嫌われ者のブランケット・キャット」
第6話 :
第7話 :


【原作本】
ブランケット・キャッツ (2017.06.23).jpg馴染んだ毛布とともに、2泊3日だけ我が家に「ブランケット・キャット」がやって来る。リストラされた父親が家族のために借りたロシアンブルー、子どものできない夫婦が迎えた三毛、いじめに直面した息子が選んだマンクス、老人ホームに入るおばあちゃんのために探したアメリカンショートヘア――。「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った温もりと小さな光を描く7編。

※Amazon
ブランケット・キャッツ (朝日文庫)

楽天市場
ブランケット・キャッツ (朝日文庫) [ 重松清 ]最後までお読みいただきありがとうございました。

NHK総合ドラマ10・『ブランケット・キャッツ』第4話 見どころ [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

NHK総合で6月23日から7回にわたって放送されるドラマ10『ブランケット・キャッツ』では、猫7匹が登場し話題を呼びそうです。

今、世の中は空前の猫ブームだそうです。
気まぐれな動物“猫”を相手に撮影する苦労は想像に難くないでしょう。

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになるでしょう

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになるでしょう

【第4話「尻尾の曲がったブランケット・キャット」みどころ】
7匹の猫と7つの家族の物語。
妻が残した猫たちの新しい飼い主を探す主人公と、猫との出会いをきっかけに人生を一歩前に進める人びとの心温まるストーリー。.

【第4話・尻尾の曲がったブランケット・キャット】
 中学1年生のコウジ(入江海翔さん)の父親・高志(利重剛さん)は、息子が学校でいじめられていないかと心配していた。コウジは秀亮(西島秀俊さん)の店に毎日のように通い猫を見ていた。コウジは学校に行くふりをして、時間を潰していたのだ。コウジは尻尾が曲がった猫に自分を重ね合わせ、父親に頼み込んで猫を飼うことを許してもらう。ところが、コウジの家に学校から連絡が入り、コウジが学校に行っていないことが父親にバレてしまう。
公式サイト :http://www.nhk.or.jp/drama10/blanketcats/index.html


【今までのお話】
第1話 :「身代わりのブランケットキャット」
第2話 : 「我が家の夢のブランケット・キャット」
第3話 : 「二人ぽっちのブランケット・キャット」
第4話 : 「尻尾の曲がったブランケット・キャット」
第5話 :
第6話 :
第7話 :


【原作本】
ブランケット・キャッツ (2017.06.23).jpg馴染んだ毛布とともに、2泊3日だけ我が家に「ブランケット・キャット」がやって来る。リストラされた父親が家族のために借りたロシアンブルー、子どものできない夫婦が迎えた三毛、いじめに直面した息子が選んだマンクス、老人ホームに入るおばあちゃんのために探したアメリカンショートヘア――。「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った温もりと小さな光を描く7編。

※Amazon
ブランケット・キャッツ (朝日文庫)

※楽天市場
ブランケット・キャッツ (朝日文庫) [ 重松清 ]最後までお読みいただきありがとうございました。

土曜時代ドラマ みをつくし料理帖 第8話「寒鰆(かんざわら)の昆布締め」 [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

高田 郁さん原作の時代小説みをつくし料理帖』がNHK総合の土曜時代ドラマとして登場。
主人公「 澪(みお) 」を演じるのは黒木華さん。第1話を見て、明るくけなげなたたずまいは原作のイメージにピッタリですね。困った時に見せるチャーミングな「下がり眉」がいいです。
また、澪(黒木さん)の調理シーンは吹替が一切なく黒木さんは昨年11月から江戸料理の研究家のもとで学んだそうです。
毎回ラスト澪(黒木さん)が料理番組さながらにレシピを紹介するミニコーナーがあるんですね。
一粒で何度もおいしいドラマに仕上がっています。

さて、物語は、大坂に生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕だけを頼りに江戸に行き、艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の日々を描く。そこに「人情」・「笑い」・「恋」といったスパイスも絶妙なバランスで織り交ぜられています。
今夜はいよいよ最終話です。
公式サイト :みをつくし料理帖

【第8話(最終回)・「寒鰆(かんざわら)の昆布締め」見どころ】
つる家に料理の“腕くらべ”の話が舞い込む。料理番付けの版元がつる家と登龍楼の料理に決着をつけたいというのだ。お題は「寒鰆(かんざわら)」澪は引き受けるのだが…。

【第8話(最終回)・「寒鰆(かんざわら)の昆布締め」あらすじ】
つる家に料理の“腕比べ”の話が舞い込んだ。毎年料理番付を発行している版元が、甲乙付け難いつる家と登龍楼の料理に決着を付けるため、今年は両者の直接対決にしたいというのだ。登龍楼と言えば、澪(黒木華さん)が考えた献立を真似た料理を作っていたという因縁の相手。
澪はこの話を引き受けた。両者に出されたお題は「寒鰆(かんざわら)」。料理の研究に没頭する澪だが、小松原(森山未來さん)の不穏なうわさを聞いて心が乱れて…。
続きを読む ⇒>>>


第1話 : 第一回「はてなの飯」
第2話 : 第二回「とろとろ茶碗(わん)蒸し
第3話 : 第三回「三つ葉尽(づ)くし」
第4話 : 第四回「ほろにが蕗(ふき)ご飯」
第5話 : 第五回「ひとくち宝珠(ほうじゅ)」
第6話 : 第六回「う尽(づ)くし」
第7話 : 第七回「ふっくら鱧(はも)の葛叩き 」
第8話(最終話) : 第八回「寒鰆(かんざわら)の昆布締め」

是非、続編を放送してもらいたいですね。

【放送時間】
総合:土曜日 午後6時5分
【再放送】総合:午前1時45分(月曜深夜)


【関連情報】
神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・。料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!
↓↓↓
みをつくし料理帖(全10巻)+みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た 時代小説文庫)




最後までお読みいただきありがとうございました。

NHK総合ドラマ10・『ブランケット・キャッツ』第3話 見どころ [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

NHK総合で6月23日から7回にわたって放送されるドラマ10『ブランケット・キャッツ』では、猫7匹が登場し話題を呼びそうです。

今、世の中は空前の猫ブームだそうです。
気まぐれな動物“猫”を相手に撮影する苦労は想像に難くないでしょう。

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになるでしょう

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになるでしょう

【第3話「二人ぽっちのブランケット・キャット」みどころ】
7匹の猫と7つの家族の物語。妻が残した猫たちの新しい飼い主を探す主人公と、猫との出会いをきっかけに人生を一歩前に進める人びとの心温まるストーリー。

【第3話・「二人ぽっちのブランケット・キャット」】
  紀夫(加藤虎ノ介さん)と有希枝(ともさかりえさん)の夫婦には、子供が出来なかった。自分の方に原因があると知り紀夫は、子供を欲しがっている妻のために、離婚届けを書く。
一方、妻の方は猫を飼おうと、秀亮から猫を預かってくる。二人はお互い本音を語らずに過ごすのだが、ある日有希枝は、猫が大嫌いなセミをくわえているのを目撃してしまう。波風を立てないように言い合うことを避けてきた夫婦の間に亀裂が走り始める。
公式サイト :http://www.nhk.or.jp/drama10/blanketcats/index.html


【今までのお話】
第1話 :「身代わりのブランケットキャット」
第2話 : 「我が家の夢のブランケット・キャット」
第3話 : 「二人ぽっちのブランケット・キャット」
第4話 :
第5話 :
第6話 :
第7話 :


【原作本】


馴染んだ毛布とともに、2泊3日だけ我が家に「ブランケット・キャット」がやって来る。リストラされた父親が家族のために借りたロシアンブルー、子どものできない夫婦が迎えた三毛、いじめに直面した息子が選んだマンクス、老人ホームに入るおばあちゃんのために探したアメリカンショートヘア――。「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った温もりと小さな光を描く7編。

※Amazon
ブランケット・キャッツ (朝日文庫)

※楽天市場
ブランケット・キャッツ (朝日文庫) [ 重松清 ]【原作本】
ブランケット・キャッツ (2017.06.23).jpg馴染んだ毛布とともに、2泊3日だけ我が家に「ブランケット・キャット」がやって来る。リストラされた父親が家族のために借りたロシアンブルー、子どものできない夫婦が迎えた三毛、いじめに直面した息子が選んだマンクス、老人ホームに入るおばあちゃんのために探したアメリカンショートヘア――。「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った温もりと小さな光を描く7編。

※Amazon
ブランケット・キャッツ (朝日文庫)

※楽天市場
ブランケット・キャッツ (朝日文庫) [ 重松清 ]最後までお読みいただきありがとうございました。

土曜時代ドラマ みをつくし料理帖 第7話「ふっくら鱧(はも)の葛叩き」 [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

高田 郁さん原作の時代小説みをつくし料理帖』がNHK総合の土曜時代ドラマとして登場。
主人公「 澪(みお) 」を演じるのは黒木華さん。第1話を見て、明るくけなげなたたずまいは原作のイメージにピッタリですね。困った時に見せるチャーミングな「下がり眉」がいいです。
また、澪(黒木さん)の調理シーンは吹替が一切なく黒木さんは昨年11月から江戸料理の研究家のもとで学んだそうです。
毎回ラスト澪(黒木さん)が料理番組さながらにレシピを紹介するミニコーナーがあるんですね。
一粒で何度もおいしいドラマに仕上がっています。

さて、物語は、大坂に生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕だけを頼りに江戸に行き、艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の日々を描く。そこに「人情」・「笑い」・「恋」といったスパイスも絶妙なバランスで織り交ぜられています。
公式サイト :みをつくし料理帖

【第7話・「ふっくら鱧(はも)の葛叩き」見どころ】
澪(黒木華さん)は源斉(永山絢斗さん)から、吉原で鱧(はも)を料理して欲しいと頼まれる。
それがあさひ太夫に贈られた鱧だと知り、話を引き受けるが、翁屋店主から断られ…。

【第7話・「ふっくら鱧(はも)の葛叩き」あらすじ】
澪(黒木華さん)は源斉(永山絢斗さん)から吉原・翁屋に来て欲しいと頼まれる。
翁屋の花魁(おいらん)あさひ太夫(成海璃子さん)あてに大坂から鱧(はも)が届いたが、誰も鱧の扱い方を知らないので、澪に料理して欲しいというのだ。
澪は自分が作った料理を幼馴染みのあさひ太夫に食べてもらえるかもしれないと思い、その話を引き受ける。しかし翁屋の主人・伝右衛門(伊武雅刀さん)からは女の作った料理など客に出せないと断られる。続きを読む ⇒>>>


第1話 : 第一回「はてなの飯」
第2話 : 第二回「とろとろ茶碗(わん)蒸し
第3話 : 第三回「三つ葉尽(づ)くし」
第4話 : 第四回「ほろにが蕗(ふき)ご飯」
第5話 : 第五回「ひとくち宝珠(ほうじゅ)」
第6話 : 第六回「う尽(づ)くし」
第7話 : 第七回「ふっくら鱧(はも)の葛叩き 」
第8話(最終話) :


【放送時間】
総合:土曜日 午後6時5分
【再放送】総合:午前1時45分(月曜深夜)


【関連情報】
神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・。料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!
↓↓↓
みをつくし料理帖(全10巻)+みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た 時代小説文庫)


最後までお読みいただきありがとうございました。

NHK総合ドラマ10・『ブランケット・キャッツ』第2話 見どころ [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

NHK総合で6月23日から7回にわたって放送されるドラマ10『ブランケット・キャッツ』では、猫7匹が登場し話題を呼びそうです。

今、世の中は空前の猫ブームだそうです。
気まぐれな動物“猫”を相手に撮影する苦労は想像に難くないでしょう。

ドラマ10『ブランケット・キャッツ』
物語は(一話完結)
毎回、さまざまな事情を抱えた飼い主が現れ、猫たちとの関わりを通じて、それぞれの未来に 希望を見出していきます。(重松清さんの短編小説集が原作)

ぶっきらぼうな家具店の店主椎名秀亮(西島秀俊さん)は突然訪れた妻(酒井美紀さん)の死から立ち直れないまま、残された猫たちの新しい飼い主を探しています。
秀亮が飼い主候補と認めると、2泊3日のトライアル期間が設けられています。
そして、その猫お気に入りのブランケットとともに預けられるわけですが・・・。

亡き妻が残した猫たち、その新しい飼い主を探す男と候補者たちが織りにす“七猫七様”のストーリーにはほっこりさせられ、猫好きにはたまらないドラマになるでしょう

【第2話「我が家の夢のブランケット・キャット」みどころ】
7匹の猫と7つの家族の物語です。
妻が残した猫たちの新しい飼い主を探す主人公と、猫との出会いをきっかけに人生を一歩前に進める人びとの心温まるストーリーが描かれています。

【第2話・「我が家の夢のブランケット・キャット」あらすじ】
リストラされてしまった隆平(マギーさん)は、借金返済のために自宅を売りに出していた。隆平は、職探しの帰り道、猫の飼い主募集の張り紙があるのを見つける。
子どもたちのために自宅での最後の思い出づくりをしようと、秀亮(西島秀俊さん)に頼み込んで猫を預かる。
家に帰った秀亮は、子どもたちに猫を見せるのだが、子どもたちの反応は、冷ややかだった。そして、猫と一緒に預かってきた毛布がなくなってしまうのだが…。

公式サイト :http://www.nhk.or.jp/drama10/blanketcats/index.html


【今までのお話】
第1話 :「身代わりのブランケットキャット」
第2話 : 「我が家の夢のブランケット・キャット」
第3話 :
第4話 :
第5話 :
第6話 :
第7話 :


【原作本】
ブランケット・キャッツ (2017.06.23).jpg馴染んだ毛布とともに、2泊3日だけ我が家に「ブランケット・キャット」がやって来る。リストラされた父親が家族のために借りたロシアンブルー、子どものできない夫婦が迎えた三毛、いじめに直面した息子が選んだマンクス、老人ホームに入るおばあちゃんのために探したアメリカンショートヘア――。「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った温もりと小さな光を描く7編。

※Amazon
ブランケット・キャッツ (朝日文庫)

※楽天市場
ブランケット・キャッツ (朝日文庫) [ 重松清 ]最後までお読みいただきありがとうございました。

土曜時代ドラマ みをつくし料理帖 第6話「う尽(づ)くし」 [番組拝見]

皆さん、こんにちは 速太朗です。
『速太朗の耳より噺@通信』へご訪問頂きありがとうございます。

高田 郁さん原作の時代小説みをつくし料理帖』がNHK総合の土曜時代ドラマとして登場。
主人公「 澪(みお) 」を演じるのは黒木華さん。第1話を見て、明るくけなげなたたずまいは原作のイメージにピッタリですね。困った時に見せるチャーミングな「下がり眉」がいいです。
また、澪(黒木さん)の調理シーンは吹替が一切なく黒木さんは昨年11月から江戸料理の研究家のもとで学んだそうです。
毎回ラスト澪(黒木さん)が料理番組さながらにレシピを紹介するミニコーナーがあるんですね。
一粒で何度もおいしいドラマに仕上がっています。

さて、物語は、大坂に生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕だけを頼りに江戸に行き、艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の日々を描く。そこに「人情」・「笑い」・「恋」といったスパイスも絶妙なバランスで織り交ぜられています。
公式サイト :みをつくし料理帖

【第6話・「う尽(づ)くし」見どころ】
澪(黒木華さん)は、佐兵衛の行方をさがすという富三(大倉孝二さん)のことを信用できない。
芳から奪ったかんざしを返して欲しいと富三に訴えるが、逆に突き飛ばされてしまう。

【第6話・「う尽(づ)くし」あらすじ】
佐兵衛(柳下大さん)の失踪の謎を知っていた富三(大倉孝二さん)は芳(安田成美さん)からかんざしを預かり、それを金にかえて吉原に行き、佐兵衛の行方を調べるという。
しかしそれは息子を心配する母心につけこんだ嘘(うそ)だった。富三を信用できない澪(黒木華さん)は芳のかんざしを返せと富三に迫るが逆に富三に突き飛ばされる。
そこに又次(萩原聖人さん)が現れ富三の嘘(うそ)を暴く。
かつて店の金を使い込んでいたのは佐兵衛ではなかった・・・。続きを読む ⇒>>>


第1話 : 第一回「はてなの飯」
第2話 : 第二回「とろとろ茶碗(わん)蒸し
第3話 : 第三回「三つ葉尽(づ)くし」
第4話 : 第四回「ほろにが蕗(ふき)ご飯」
第5話 : 第五回「ひとくち宝珠(ほうじゅ)」
第6話 : 第六回「う尽(づ)くし」
第7話 :
第8話(最終話) :


【放送時間】
総合:土曜日 午後6時5分
【再放送】総合:午前1時45分(月曜深夜)


【関連情報】
神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・。料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!
↓↓↓
みをつくし料理帖(全10巻)+みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た 時代小説文庫)


最後までお読みいただきありがとうございました。

前の10件 | - 番組拝見 ブログトップ